看護師の転職の祝い金

他の病院やクリニックなどお仕事先を変えた際に、嬉しい歓迎金やお祝い金がもらえます。また徹底的に待遇面の良いところをナビさせていただきます。

最高額のサイトは?

看護師の平均年収 ■男性平均年収:488万円 ■女性平均年収:470万円 ■年間ボーナス:84万円
看護師の離職率 ■常勤10.9% ■新卒7.5% ■離職率は都市部が多い ■夜勤負担の重い病院は高い傾向にある

看護師転職

看護師祝い金


 

 

看護師非公開求人も2014年〜2015年

患者さんに信頼される看護師になるには、患者さんのメンタルケアが大事になってきます。
そのため、看護の知識を身につけるだけでは、信頼される看護師になることができないのです。


看護師の役割は、大きく分けて2つあります。

まず一つは、医師のフォローです。

医師の支持に従い、患者さんに適切な処置を施します。
その時に怪我・病気などの説明を行ないます。


そして、もう一つは、患者さんのメンタルケアです。

看護師は病院の中で、一番患者さんと近い距離にいます。
そのため、患者さんの変化に気付く可能性が一番高いです。


その変化に気付けるかどうかが、とても大事なので
常に患者さんと良好な関係・距離感を取る必要があります。
また、病院に通院される方や、入院される方は
どうしても精神的に不安定な場合が多く、治療に前向きになれない方もいます。
そういった方に対して、適切なメンタルケアをすることで
スムーズに治療を行うことができます。


このように看護師の仕事は、医師の指示に従えば良いという訳ではありません。
患者さんのメンタルケアなど幅広い役割を求められるので
コミュニケーション能力も必要になってきます。
特にこれからは、高齢化社会の煽りで年配の方が病院に来られる割合が
どんどん増え続けるので、より一層コミュニケーション能力が大事になってくるでしょう。

看護師の退職金と離職!祝い金をもらって転職

看護師の退職金は、勤続年数や勤務先によって異なりますが
基本的に一般の職業より高めに設定されています。
ただし、退職金制度というのは法律で定められたものではありません。
そのため、勤務先によっては、退職金制度が存在しないこともあるので
転職・就職する際には必ずチェックが必要です。


また、退職金の相場は、およそ1000万円〜3000万円ほどだと言われています。
退職金の計算方法は勤務先で異なりますが
毎月の給料を基準にして計算されることが多いです。
転職・就職する時になかなか聞きにくい事柄ですが
自分にとってとても重要なことなので、きちんと確認しておくべきです。


そして、ボーナスも同様に勤務先によって金額が異なり、場合によっては無いところも存在します。
特に個人で経営しているような小さなクリニックの場合は、ボーナスが出ない可能性があります。
看護師の求人情報を見ても、ボーナスや退職金の部分が書かれていないことがあります。


しかし、そのままうやむやにしてしまうと
入職してから後悔する可能性があるので、きちんと確認しておきましょう。
特にボーナスは生活に大きく影響を与えるものなので、十分気をつけるようにしてください。

働きやすい病院でのトラブル

看護師と患者とのトラブルが意外に多くはありませんが、ないわけでもありません。
患者と言っても一人ひとり違いますから、優しい人も沢山いれば
性格が悪い方もおられ、時にはトラブルに発展する事もあります。


ただ、トラブルと言っても例えば医療ミスとかでない限りは
些細な事が多く、早かれ遅かれ患者は退院していきますから尾を引く事は少ないです。


トラブルの原因としては注射が上手い下手や、言葉使い、対応など
看護師として基本的な事も多く、場合によっては患者とのトラブルだけでなく

その家族とのトラブルに発展する事もあったりもします。


ですが、看護師一人当たり受け持つ患者数は7〜20人なので、それほど多くは
ありませんから自分の担当の患者だけしっかり見る事が出来れば
トラブルは回避する事ができます。
最近では医療費を高く取る為に看護師1人に対して患者7人の体制を取る所も
増えていますので、一人で沢山の患者を診なければならないという事は
ありませんから、一人に対してしっかりとした看護が出来るようになりつつあります。
もし看護師として転職をするなら高額な祝い金をもらって安心できるキャリアップを目指しましょう。


患者が我儘を言っても、看護師は何も言いなりになる必要もなく
毅然とした態度で挑み。病気や怪我を早く治療するための行動である事を
患者に理解させる事が出来ればトラブルは減っていく事でしょう。

男性看護師の割合 ■看護師で5.6%、准看護師で6.3%

看護師の高額求人

看護師が活躍する場は幾つも存在しています。病院のイメージが強いかもしれませんが、例えば老人ホームも看護師が活躍する場となるでしょう。ここでは介護士の方の存在意義が強いように思われるかもしれません。確かにそうですね。相手にしているのは病気を患っていたりケガをしている方というよりも、お年寄りたちです。そういった人たちの助けになるのは確かに介護士と呼ばれる人たち。 では看護師はどんな仕事をしているのでしょうか。薬の管理とそこに入居しているお年寄りの健康管理が主な仕事内容になりそうです。場合よっては点滴をしたり医師からの指示によって処置を施したりします。健康不安を抱えるお年寄りに対してアドバイスを与えるのも重要な仕事内容のひとつ。 病院で普段行うような医療行為はさほど多くはありませんが、かなりやりがいのある仕事と言えるでしょう。ただし、相手がお年寄りであるということもそうですし、医療設備が整っているわけではないですから、適切な判断が求められる大変な仕事でもあります。 仕事内容は老人ホームによって若干異なってくるようですが、病院に馴染めない、お年寄りと接するのが好き、自分の居場所を見つけたいなどと思っている人には合っているのかもしれません。

看護師求人お祝い金

介護の現場でも経験や知識を発揮することができる看護師。最近では老人ホームと看護師、どちらも双方の必要性が強くなってきたため、求人を出す施設、それに積極的に応募して転職などを目指す看護師が増えてきているようです。医療従事者にしかできないこともありますから、これからもその役割はどんどん大きくなっていくのかもしれません。 実際にそういった施設で働く時に気になるのがお給料です。これは施設によって異なりますが、若い人でも20万円台後半、それなりに経験がある人だと30万円台半ばから後半程度の月収のところが多いようです。ちなみにこれは有料老人ホームでのデータ。 これをどう判断するのかは難しいところ。夜勤があるところも多く、そういったところでは給料が高くなる傾向がありますが、人によっては「病院で働いていた時の方がずっと良い」と愚痴をもらす人もいます。 逆に、「今の現場で今の働き方であれば満足」とする人もいるので、働く施設によっても感じ方は変わってくるのかもしれません。 年収は400万円台半ばから500万円弱といったところでしょうか。一般サラリーマンなどと比較すれば決して低くはありませんよね。 大事なのはその施設で働き甲斐を感じられるかどうか。お年寄りの相手をするのは大変かもしれませんが、そこにやりがいを見出せればこの程度のお給料でも働く価値があるはずです。